カテゴリー
サンプルファイル
プロフィール

りんパパ

Author:りんパパ
FLASHのお勉強部屋です.
サンプルスクリプトのダウンロードもできます.

最近の記事
月別アーカイブ
アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー: スポンサー広告
Trackback(-) | Comments(-)

いただきオークション
次世代エンターテイメントサイト!驚きの安さで人気商品を提供!

ボタンアクションの概要
■ ボタンアクションを記述する






「ActionScriptを記述するには」で紹介したように,ActionScriptは大別して
・フレームアクション
・ムービークリップアクション
・ボタンアクション
があります.

ここでは,ボタンアクションについて説明します.

タンアクションは,ボタンシンボルのインスタンスに設定します.
記述方法は

  on (イベント) {
  処理;
  }


といった構文になります.
上図の例では,「Start」ボタンインスタンスに

  on (release) {
  this.play();
  }


と設定してあり,『ボタンを押して,離したら,このボタンが配置されたタイムラインを再生(Play)する』ということになります.



[ポイント]

ボタンアクションの onイベントハンドラ には,あらかじめ,下表の8つのイベントが実装されています.

イベント
処理のタイミング
Pressボタンを押した時点.
Releaseボタンを押して離したとき.
ReleaseOutSideボタンをクリックしたままマウスポインタをボタン外に移動し,離したとき.
RollOverボタンにマウスポインタが重なったとき.
RollOutボタン外にマウスポインタが移動したとき
DragOverボタンをドラッグした状態のままマウスをボタン上から離し,再度ボタン上にマウスポインタを重ねたとき.
DragOutボタンをドラッグした状態のままマウスをボタン上から離したとき.
KeyPressキーボード上の指定したキーを押したとき.
スポンサーサイト
カテゴリー: ActionScriptの基本
ト:(0) | コ:(0)

いただきオークション
次世代エンターテイメントサイト!驚きの安さで人気商品を提供!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。