カテゴリー
サンプルファイル
プロフィール

りんパパ

Author:りんパパ
FLASHのお勉強部屋です.
サンプルスクリプトのダウンロードもできます.

最近の記事
月別アーカイブ
アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー: スポンサー広告
Trackback(-) | Comments(-)

いただきオークション
次世代エンターテイメントサイト!驚きの安さで人気商品を提供!

ActionScriptの記述ルール
ActionScriptの記述方法には,以下のようなルールがあります.

■ ステートメントの最後は「;」で終わる
各ステートメントは,最後に ;(セミコロン)をつけて終わります.

▼例
------------------------------------------------------------
 this._x += 10;
------------------------------------------------------------
 _root.textField = "HELLO!" ;
------------------------------------------------------------

■ 大文字・小文字の区別はない
ActionScriptでは,大文字と小文字の区別はありません.
例えば,gotoAndPlay(10);GOTOANDPLAY(10); はまったく同じ動作をします.
ただし,以下の定義済みキーワードは大文字・小文字を区別しないとエラーとなります.
また以下のキーワードは,function名やインスタンス名などに使うこともできませんので注意してください.

▼大文字小文字の区別が必要なキーワード
break, continue, delete, else, for, function, if, in, new, return, this, typeof, var, void, while, with

■ ステートメントブロックは{ }で囲む
複数のステートメントをグループ化する場合,{ }(中括弧)で囲みます.

▼例
------------------------------------------------------------
onClipEvent (load) {
 this._x = 0;
 this._y = 0;
}
------------------------------------------------------------

■ コメントの記述
ActionScript中で,
 //で始まる行をコメント行として判断されます.
 /*~*/ で囲むと,その範囲はコメントとして判断されます.

▼例
------------------------------------------------------------
//この行はコメントです.
------------------------------------------------------------
/*この範囲は
 コメントとして扱われます.
*/
------------------------------------------------------------
スポンサーサイト


カテゴリー: ActionScriptの基本
Trackback(-) | Comments(-)

いただきオークション
次世代エンターテイメントサイト!驚きの安さで人気商品を提供!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。