カテゴリー
サンプルファイル
プロフィール

りんパパ

Author:りんパパ
FLASHのお勉強部屋です.
サンプルスクリプトのダウンロードもできます.

最近の記事
月別アーカイブ
アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー: スポンサー広告
Trackback(-) | Comments(-)

いただきオークション
次世代エンターテイメントサイト!驚きの安さで人気商品を提供!

オブジェクト指向のスクリプト
ActionScriptは,オブジェクト指向のプログラミングと言われます.

オブジェクト指向??なんじゃそれは??
と思われるかもしれません.

ずオブジェクト つまり モノ についてですが,FLASHの上で使われるあらゆるモノはオブジェクトです.

例えば,ステージに配置したムービークリップインスタンス,ボタンインスタンス,テキストフィールド等々・・・
何らかの機能やデータを持ったモノはすべてオブジェクトです.

して,何らかの目的の処理をする場合,オブジェクトを指定(参照)して,メソッドを実行したりプロパティを変更したりする,この考え方がオブジェクト指向ということになります.

ちょっとややこしいのですが,
ActionScriptで何らかの目的の処理をする場合,まずその対象であるオブジェクトを指定(参照)して,そのオブジェクトに対してコマンドを送る,というふうに覚えておいてください.

ブジェクトにはボタンインスタンスやムービークリップインスタンスのように目に見えるものもあれば,MathオブジェクトやDateオブジェクトなど,目には見えませんがある処理をするため専用のオブジェクトも用意されています.
そして,各オブジェクトには,プロパティ(座標値やサイズといった属性)とメソッド(オブジェクトに用意されたコマンド)が用意されています.

※一般的なオブジェクト指向についてはこちらも参考にしてみてください.
スポンサーサイト


カテゴリー: ActionScriptの基本
Trackback(-) | Comments(-)

いただきオークション
次世代エンターテイメントサイト!驚きの安さで人気商品を提供!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。